理学療法士の学校

理学療法士を生み出す学校

理学療法士になれる学校について

理学療法士はケガや病気、老化などによって、体の機能が低下しうまく動かせなくなった人に、リハビリテーションを中心とした運動療法や訓練を行い、病後や障害の機能回復と日常動作などの維持や改善を図る仕事です。このようにして働くためには、養成学校で3年以上学ぶことと国家資格取得が必要で、高校卒業後、4年制の大学、3年制の短大、3年制または4年制の文部科学大臣又は厚生労働大臣が指定した養成学校で3年以上学ぶことが義務づけられています。これらの学校で医学的知識を講義と実習を通じて学び、身に付けます。