学校メイクのルール

学校へのメイクの基準とは

学校に行く際の姿について

昔なら、学校にメイクをしていくなんて言語道断でした。しかし、時代は変わりました。地方なら、今でもメイク禁止というところが多くありますが、都会の場合はメイクを禁止すること自体が無理になり、派手でないナチュラルメイクなら目をつぶるという学校が増えています。若いと言っても、高校生はもう大人です。メイクに興味を持つなと言うのは無理な話です。勉強に支障がない程度のメイクなら仕方がないのでしょう。ネットには、ナチュラルメイクの方法が多数アップされています。派手でない、メイクをしているかわからない程度なら問題ありません。

ナチュラルメイクの定義について

昨今ではメイクというジャンルの幅が広がり、メイク人口の低年齢化が加速しています。価格、技術、商品の選択肢が多く、誰でも気軽に好みのメイクを手に入れることができるので、学校へメイクをしていくことも当たり前な時代であるのです。付けまつ毛は禁止だが、ナチュラルなメイクならOKというところもあり、ナチュラルメイクの定義が複雑化してきている。あざなどを隠す診療メイクなるものも存在する今、単純にメイク禁止とルールを掲げるのは疑問であるし、時代に合わせた臨機応変なこまやかな設定が必要になるのではないでしょうか。教育委員会で統一させたメイクに対しての基礎ルールを学校で作成することも必要です。