学校の生徒への工夫

学校は生徒が楽しむために

学校生活を楽しくするために

学校生活は皆が皆、楽しく送っているわけではありません。勉強の場、集団生活の学びの場、一般的にはそう思われているでしょう。しかし、勉強も大切ですが大人になり就職し社会にでた時に、今まで学んできた事がすべてではありません。では、そんな子が学校を楽しむにはどのような工夫が必要でしょうか。成績ばかりを気にかけるのではなく、友達との関わり合いに目を向け、過ごしやすい環境づくりが大切なのです。自分の意見をなかなか言えない生徒もいるはずです。生徒の表情や仕草をしっかり観察し、今どんなことに悩んでいるかを気付き、生徒が楽しく登校できるようにしましょう。

こどもの悩みのサインとは

子どもが本来生き生きと過ごせるはずの学校生活に悩みを持っているときは、早めに気づいてあげる必要があります。子どもは自分が悩んでいるというサインを次のように出すことが多いと言われています。食欲がなくなる、朝起きるのを嫌がる、イライラして黙り込む、腕や体に傷を自分で作る、傷のシールなどを貼るというものです。体に障られたくないという子もいます。このような場合、むやみに叱ったりするのではなく、一緒に家事をするなどして、話しやすい環境を作りましょう。子どもの方から話すのを待つことで、心を開いていくはずです。専門家の助力で時に仰ぐことが肝心です。家庭や学校で子どもが楽しく生活できるよう手助けが必要なのです。