学校のクラスの工夫

学校のクラス分けの方法

学校におけるクラス分け

学校におけるクラス分けは、授業を受ける生徒たちがどのクラスでも平等な環境であるよう、まず成績のバランスを各クラス同じ程度にそろえることを基本とします。クラスが3クラスあったら学年の成績順1番が1組、2番が2組、3番が3組、4番は3組、5番は2組、6番は1組・・・という具合にまず機械的に分けます。次に特に配慮を要する生徒(双子などで保護者から同じクラスまたは別なクラス等希望がある場合や生活指導上問題を抱えている場合)があれば、成績の同じくらいの児童生徒とクラス間で交換し、あるクラスに固まってしまわないようにします。学校によっては、行事のことも考えて、ピアノが弾けるとか、スポーツの能力などを加味して編成する場合もあります。

クラス分けはどのようにされるか

小学生なら1年〜2年に一度、中学生なら毎年クラス替えがあるところが多いですが、クラス分けはいったいどのようにされているのでしょうか。一般的な学校はまず成績順に全生徒を並べ、各クラスの学力が平均的になるように機械的に分けます。その後、クラス内での人間関係をじっくり見ていきます。特にいじめに関する問題は厳重にチェックしていきます。その他、リーダーとなる子どもが各クラスに1人以上いるかどうか、恋愛関係にある子どもや同じ部活動の子どもたちが固まっていないか、双子や親せき関係の子どもたちは離れているかどうかなど様々な観点から見て学校のクラス分けを行っています。