学校では学べない経験

学校側のアルバイトの悩み

学校として困るアルバイトの影響

学校では、必ずしもアルバイトを奨励するわけではありません。しかし、生徒は実社会の経験を積むこと、そして現実的にお金を稼ぐ必要があるために働くことを許可します。ただ、進路指導担当者としては、アルバイトの悪影響を心配している部分がいくつかあります。その一番心配しているのが、マナーと言葉遣いです。マナーは、マニュアル通りに挨拶し礼をしますが、その仕方が例えば就職や進学の面接試験のときに礼を失しているケースが見受けられます。バイト先ではいいのに、自分の将来を決める面接ではアウト。生徒のついてしまった変な癖を治すのも大変です。その変な癖は言葉遣いにも現れます。これをどうやって学校で正して進路に結びつけるか、進路担当者は非常に悩んでいるところでもあります。

まだ間に合う!家庭教師なら名門会|難関校・医学部の合格実績多数なので、しっかり結果を出せますよ。
子供たちのフォローや胃入試イベントも多数開催!

高校生でもアルバイトを可能に

高校生でアルバイトを禁止している学校は全国的にも多いです。特に公立高校はほとんど禁止していると言えます。しかし高校生の時にアルバイトをする事で、学生生活を送っていく中では学べない事が二つ学べます。一つ目はお金を稼ぐ大変さです。普段から親から小遣いをもらってお金に不自由しない生活を送っている高校生が多いですが、実際に働く事で親の苦労やお金を稼ぐ大変さを学ぶ事ができます。二つ目は社会勉強になる事です。職場では学校の教科書に書いていない大事な事を多く吸収できます。接客マナーや先輩に対しての接し方、時間管理の大切さなど社会人になってから役に立つ事を学べます。